ポピーの英語教材口コミ「キッズイングリッシュ」のレベルと評判【kids english】

ポピー口コミ ポピーについて

ポピーの英語教材が2019年4月からスタートしました。推奨年齢が年長からと、子ども向け英語教材の中では対象年齢が高めです。

年少児のうちは対象外かな?と思いつつ、どんな教材か調べてみました。

ポピーKidsEnglishで届く内容

ポピペンBOOK

ポピー口コミ
ポピペンBOOK

入会時に別売りで購入する音声ペン「ポピペン」を使ったワークブックです。ペンでタッチすると、単語や表現の音声が流れます。

ポピーのように前半はストーリー性のあるワークになっていて、後半は迷路や間違い探しなどのゲーム性のある内容です。

どんな音声が出るかは公式サイトでチェックできます。

ポピペンBOOKかきこみノートも活用

ポピペンBOOKは迷路とかまちがい探しとかあるけど、クレヨンや鉛筆で書き込んじゃうとポピペンが反応しなくなる可能性大です。

そんな惨事を防ぐために、全く同じ内容の書き込み用冊子もついてきます。とはいえ、それでも間違えて書き込んじゃうお子さんもいると思うので、やっぱり年長以上対象なのかな?とは思いました。

おはなしBOOK

ポピー口コミ
おはなしBOOK

英語絵本が別冊でついてきます。ポピペンには対応しておらず、CDやスマホを使って英語音声を聞くことができます。

ポピペンBOOKが、単語中心のワークだったのに対してこちらは長文メインの教材になっています。

親用ガイド

英語学習をはじめた子どもに対しての、声がけの仕方や教材の使い方の解説本です。英語育児になれていない親にとっては、欠かせない冊子ですね。

付録~月別一覧~

毎月のセットのほかに付録が不定期に届きます。ポピペンに対応した付録たちです。

  • 4月号・・・CD
  • 5月号・・・ポスター
  • 6月号・・・シール
  • 8月号・・・CD
  • 9月号・・・シール
  • 10月号・・・テーブルゲーム
  • 12月号・・・CD
  • 1月号・・・シール

ポピーキッズイングリッシュのレベル別の内容

公式サイトに載っている見本で比較してみました。

レベル① 年中~小学1年生向け

あいさつ「Good morning」などの身近な英語や単語がメインです。家庭内の身の回りにあるようなもののイラストが多く、ポピペンでタッチして英語を聞きます。

英語学習に慣れることを目的としたレベルです。

レベル② 年長~小学2年生向け

「Hello!I’m◯◯.Nice to meet you.」というあいさつに発展します。家族以外のお友達とコミュニケーションする会話にステップアップです。

英語を使って、コミュニケーションをとってみよう!という内容です。

レベル③ 小学1年生~小学3年生向け

「Hello! My name is ◯◯.」と留学生がやってきた設定の内容です。舞台が小学校で、学校や季節の行事も教材の中に入ってきます。幼児さんには英語以前にわからないものが出てくるかも(?)

小学校3~4年で学ぶ英語にすべて触れる集大成のコースです。

ポピーキッズイングリッシュの値段

ポピーキッズイングリッシュの会費は、1680円/月です。レベルは3コースに別れていますが、すべて同じ月会費で受講できます。

月会費とは別に、入会時にポピペン(音声ペン)を3,300円(税込)で購入します。

このペンには3コース分の音声が収録されているので、一度買ってしまえばOK。兄弟で同時に勉強するなら2本買ってテキストを共有することもできます。

ポピーキッズイングリッシュの口コミまとめ

受講者のブログをいろいろと見てみました。そこで見つけた口コミの内容は

  • 英語教材にしてはリーズナブル
  • 日本語がよく出てくる
  • レベル3でも難易度が低い

という内容でした。拝見したブログでは英語育児に力を入れている方が多かったです。

日本語が多いテキストはバイリンガルスタイルの学習に不向き

幼児英語に力を入れていると、日本語習得と同時に英語を教える「バイリンガルスタイル」が人気です。

その場合、英語学習時に日本語表記が一緒に見えてしまうのは不人気。バイリンガルスタイルで勉強するならポピーよりも向いている教材があります(リープ・フロッグなど・・・)

英語経験者にはレベルが低いと感じられる

同じく乳児期から英語に触れていたり、年長なら英会話スクールに通っているお子さんもいる時期です。

そんな環境から見れば、ポピーキッズイングリッシュのレベルは低く感じられて当然です。ポピーはあくまでも、小学校の3~4年生の授業をベースにしています。

小学校3~4年生の英語の授業は、義務教育では英語に触れ始める最初の授業です。身の回りの単語を覚えたり、コミュニケーションも「Hello、My name is・・・」で十分なのです。

ポピーキッズイングリッシュは日本語の基礎がしっかり身についてから、英語に初めて触れる人のための教材なんだなと感じました。

ポピーキッズイングリッシュが向いている人

ポピ-キッズイングリッシュ自体がゴールとしているのが、小学3~4年生の授業で習う英語です。小学3~4年生の英語の内容といえば・・・

  • 年間15時間の外国語活動※2020年からは年間35時間
  • 英語を使った遊びや会話で慣れ親しむ

というレベルです。ここがポピーキッズイングリッシュのゴールです。

小学5年生以降に必要な「英語の読み書き」まではカバーしていません。授業で役立つ英語は「小学ポピー」の英語教材でカバーする必要があります。

ポピーキッズイングリッシュはバイリンガル並の英語力を身につけるための教材では無いと思います。あくまで「英語に慣れたい」という人のための教材だと思います。

その分、教材費もリーズナブルなので「英語に触れさせておきたいな~」というパパママにはおすすめです。

コメント

  1. […] ポピーキッズイングリッシュコース(英語教材)の詳細ポピーの英語教材が… […]

  2. […] ポピーキッズイングリッシュコース(英語教材)のレベルや内容ポピーの英… ポピーについて シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket Pinterest コピー ポピー幼児教材の口コミ評判!年少の娘に実際やらせてみましたをフォローする ポピー幼児教材の口コミ評判!年少の娘に実際やらせてみました ポピー幼児教材の口コミ評判!年少の娘に実際やらせてみました […]

タイトルとURLをコピーしました