【景品表示法に基づく表示】本ページはアフィリエイト広告を利用しています。
※本コンテンツは、2020年2月19日に公開されたもので、に一部内容を更新しました。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の価格や商品の詳細等については、各サービス公式サイトよりご確認ください。

2020年3月号:ポピー年少きいどりをやってみた感想・口コミレビュー

ポピー 口コミ 評判 口コミ・レビュー

ポピーきいどり3月号の内容

3月号のテーマは「もうすぐ春」でした。

ポピー 口コミ 評判

2月号の冬らしさもなく、3月号はぐっと春らしい内容でした。

ポピーを始めた4月号も春の内容だったので、1年前のことを思い出してちょっと懐かしくなりました。

ポピっこきいどり

ポピー 口コミ 評判

ポピっこきいどり3月号の工作

今月号は、工作といって良いか悩ましい内容ですが「てのかいじゅう」というワークがありました。

ポピー 口コミ 評判

靴下を怪獣にみたてて遊びます。靴下に貼る、怪獣の目シールなどは、ついているので自分で靴下を用意して遊びます。

娘がまだ1~2歳の頃には、靴下をミトンに見立てて、おままごとをしていたのを思い出しました。

3月号なので来月には年中さんの子の遊びにしては、ちょっと赤ちゃんっぽいかな?と思いました。

ポピっこきいどり3月号 のもじかず

3月号のひらがなは「母音」と「五十音表」です。

ポピー 口コミ 評判

先月に引き続き、伸ばすと「あいうえお」につながる母音の確認ワークがあります。

また、今月はさらに五十音表もついているので、これまで学んだひらがなの母音を確認することもできます。

ポピー 口コミ 評判

ひらがなの清音はこれで、ひとまずマスターということでしょうか。

ポピー 口コミ 評判

数は、今月からいきなり10までの数が登場しました!先月までずっと5までだったので驚きです。

来月の年中からは二桁の数にも挑戦していくのかな?と思いました。

ポピっこきいどり3月号 のお話

ポピー 口コミ 評判

今月号は「きたかぜとたいよう」です。

イソップものがたりで有名なお話ですね。3月は暖かい日も寒い日もあるので、このお話を思い出すことも多そうです。

ポピっこきいどり3月号 のちえ

知恵のページは「 描画」「数字の順番」「数の迷路」「二文字言葉」「迷路・線を描く」「文字迷路・線を描く 」です。

ポピー 口コミ 評判

数のところでも紹介しましたが、いきなり10までの数が出てきました。これは順序数の問題なので、1から10までの順番が分かればOKです。

数の量を理解する問題は、引き続き5までの数です。

ポピー 口コミ 評判

文字は「二文字言葉」。毎月出ている問題なので、慣れてきました。

ポピー 口コミ 評判

迷路はかなり細い通路になっています。ていねいに線を引かないとはみ出てしまいます。鉛筆の扱いに慣れてきた頃なので、この難易度はなかなか良いですね。

ポピー 口コミ 評判

最後の文字迷路は「らりるれろ」。復習問題ですね。

ポピっこきいどり3月号 のせいかつ

3月号の季節行事は「ひなまつり」。ぽぴっこでは、他に春を探す自然のワークがありました。

ポピー 口コミ 評判

1年前の4月号でも、春のきせつポスターを気に入って見ていたので、とっても懐かしい気分です。

3月といえば「別れの季節」でもあります。ぽぴっこでは、ももちゃんとお別れの号です。お別れ会として、おにぎりを作って森に遊びに行くお話がありました。

ポピー 口コミ 評判

おにぎり・・・じゃなくて「おにぎりさんど」。これっていわゆる「おにぎらず」ですよね、きっと。

たしかに、おにぎらずのほうが、子どもも作りやすいので実際に作る場合もこっちのほうが良さそうです 笑

ポピー 口コミ 評判

最後は、ももちゃんを空港で見送ってお別れします。ももちゃんとの思い出を振り返るためのミニブック「ももちゃんアルバム」というものもついていました。

ポピー 口コミ 評判

そういえば、ポピーの場合は「幼稚園」「保育園」という世界観が出てきません。お別れをするというセレモニーが、ももちゃんとのお別れで代用されているんですね。

ポピっこきいどり3月号 のお歌

3月号の「お歌」は「うれしいひなまつり」でした。

ポピー 口コミ 評判

園でも「ひなまつり会」をしているので、この歌はばっちり娘も歌えます。

季節の歌なので、これを聞くと春だな~と思います。

ポピっこきいどり3月号 のデジタル教材

お話「きたかぜとたいよう」の読み聞かせ音声がついていました。画像は静止画で、ページをめくる合図の音が出ます。

特別教材「えあわせカード」

ポピー 口コミ 評判

カードタイプの教材です。神経衰弱なら前にも似たようなものがあったのに・・・と思ったのですが、今回は4種類の遊びができるカードでした。

  • えあわせ(同じもの:カボチャとカボチャの断面の組み合わせ)
  • えあわせ(種類:食べ物つながりでカボチャとトマトの組み合わせ)
  • ババ抜き
  • 神経衰弱

難易度の低い遊び方としては、カードの表面を上にして並べてから、同じものや同じ種類のものを集める「えあわせ」の遊び方。

これを難易度上げて遊ぶなら、ババ抜きにして絵合わせをする。もしくは、裏面を上にして並べて神経衰弱で「えあわせ」をする遊び方です。

ポピー 口コミ 評判

トランプでも同じルールで遊べそうですけど、動物の前面と背面を一致させたり、食べ物の外観と断面を一致させたり・・・と知育面に特化されたカードゲームです。

うちの娘はカードゲーム好きなので、夢中になってます。

ポピーきいどり3月号の良かったところ

ポピー 口コミ 評判

今月号のテーマは「友だちのこころを想像する力」。別れの季節なので、お別れするときのお友達の気持ちを想像してみましょうという内容です。

感情を想像する場合は、「大脳辺縁系」を活性します。大脳辺縁系は感情につながる分野です。

前にポピーとは別のコラムで、大脳辺縁系を育ててないと、引きこもりや不登校になりやすいというのを見かけたことがあります。しっかりと育ててあげたい分野です。

保護者向け冊子の中に、今月もコラムがありました。今月のテーマは「ゲームとの付き合い方」です。

ゲームを全くやらないよりは、やったほうが良い成績をおさめやすいけど、やりすぎも良くないという内容でした。

これは、10月号のアプリの付録のときにも似たような話を読みましたね。やりすぎない程度に、刺激となるゲームも取り入れたいです。

ポピーきいどり3月号のいまいちなところ

1年間やり終えました。

今月号は他の号と比べると、なんとなくボリューム不足を感じました。なんでかな?と思ったらたぶんコレですね。

ポピー 口コミ 評判

こいぬとこねこはなかよし。というお話が1話入っていたのです。

このお話自体は良い話なのですが、今月は「きたかぜとたいよう」もあるのに、なんで2つもお話が入っているのかな・・・というのが不満点。

こいぬとこねこのお話だけで10ページも使っているんですよ。いつもより、やりごたえがないな~と思ったのはお話パートが多かったからでした。

娘の大好きなハサミを使う工作もなかったので、物足りなかった3月号でした。

口コミ・レビュー
スポンサーリンク
あざみ

ひとりっこの娘(年少)の母です。
4月から年少になった娘がお勉強に興味があるようなのです。
初めての子育て、初めての幼児教育で「幼児ポピー」を申し込んでみました。
娘と実際に受講した記録のブログです。

あざみをフォローする
あざみをフォローする

※本コンテンツは個人の体験や感想をもとに独自に制作しています。
※メーカー等から商品・サービスの無償提供を受ける場合や、広告出稿をいただく場合がありますが、メーカー等はコンテンツの表現やレビュー内容には関与していません。

ポピー幼児教材の口コミ評判ブログ!年少の娘に実際やらせてみました

コメント

タイトルとURLをコピーしました